Angewandte Chemie International Editionのアイコン Angewandte Chemie International Edition

Angewandte Chemie International Editionのスクリーンショット

Angewandte Chemie International Editionの評価数の推移

Angewandte Chemie International Editionのアプリ概要

  • 初めてレビューを書きます。まず、本ジャーナルは化学の領域では頂点に君臨する雑誌であり、その質の高さは他の雑誌の追随を許さず常に最先端を走っています。初めて大学の図書館で雑誌を手に取ってから10年以上経過しておりますが、その間に雑誌の形態が冊子体からオンラインジャーナルへと移行し、そのアクセシビリティーは飛躍的に向上しました。 本雑誌を出版しているワイリー社はこうした時代の変化にいち早く対応し、また、ipadという新しいプラットフォームに対してどの化学系ジャーナル(私自身は有機合成化学が専門なのでそれ以外の分野で既にアプリが出ている場合は御容赦下さい)にも先駆けて単独雑誌アプリを出したことはある意味必然的な流れであり、アプリ公開のアナウンスを知ったとき一番乗りはやはりAngewandteだったかと率直に感じました。 ただ、ここ数ヶ月の出版分とEarly Viewを無料で閲覧出来るというのは予想外のことで、これは大変な驚きであり、化学系ジャーナルのトップランナーとしての確固たる自信を垣間見た気がします。学術論文に限らず普通の雑誌であればアプリを出しても最新号だけ、しかも最初の数ページだけを申し訳程度に閲覧出来る程度なのですが、これに対して本雑誌は数ヶ月分のコンテンツの全ページを閲覧可能にし、アプリの内容を十二分に吟味出来るようにしています。当然、これはアプリを普及させるためのプロモーションの一環なのでしょうが、ここまでOpenにすることは相当な勇気がいることではなかったのではないかと感じています。アプリを公開するに当たってこのような英断を行った編集部の方々には只々頭が下がる思いで一杯です。プロモーションの効果は大成功だと思っております。今までレビューを書こうとは思わなかった人間が思わず書いてしまうほどの出来事でしたので。 しかしながら、プロモーションはあくまでプロモーションなので、一定期間を過ぎてアプリがアップデートされたときには現行のオンラインジャーナルの契約者のみが閲覧出来るかたちになるでしょう。オンラインジャーナルは原則企業、或いは大学のような研究機関で無ければ契約が難しい状況にあります。ただ、今回はプロモーションとは言え「個人で」興味のあるコンテンツを自由に閲覧出来るという極めて画期的なことがなされました。オンラインジャーナルは団体で契約するという常識の壁が一瞬取り払われた気がしました。今ipadで最新の総説を眺めながら、ファッション雑誌を買うように個人でも気軽に論文誌を購読出来る時代がくれば良いなと思いつつ筆を置かせて戴きたいと思います。本アプリは素晴らしいアプリです。

総合評価 4

A leading chemistry journal is now available on your iPad and iPhone. Fresh from the newsstand, “Angewandte Chemie International Edition” brings you a stimulating, high-impact mixture of Review Articles, Highlights, Communications, and more. Enjoy an entirely new browsing and reading experience, and keep up to date with the most important developments in chemical research even faster:

• Stay current with the latest articles through Early View – updated almost daily.
• Be notified when a new weekly issue is available.
• Download articles and issues for offline perusal.
• Save your favorite articles for quick and easy access.
• Share articles with colleagues or students.

Deutsch: http://itunes.apple.com/de/app/angewandte-chemie/id672992908

Angewandte Chemie covers all areas of chemistry:

- Organic and Medicinal Chemistry
- Inorganic and Organometallic Chemistry
- Catalysis
- Sustainable Chemistry and Energy Research
- Supramolecular Chemistry and Nanoscience
- Physical and Computational Chemistry
- Materials Science and Polymer Chemistry
- Biochemistry and Chemical Biology
- Analytical and Bioanalytical Chemistry

Angewandte Chemie has article categories covering all aspects of the field. Reviews summarize the important results of recent research on topical subjects in all branches of chemistry, point to unresolved problems and discuss possible developments. The Essays freely address themes from every aspect of chemistry, including the philosophy or history of science. Concise evaluations of current trends in chemical research can be found in the Highlights. In the Editorials, eminent authors discuss topics such as research politics, the relationship of chemistry and society, and chemical education. The core of the journal, however, is the Communications. These are critically selected and report on the latest research results, making the journal indispensable to the chemist who wants to stay well informed. Angewandte Chemie also regularly publishes Nobel lectures in chemistry and related fields.

Angewandte Chemie is owned by the Gesellschaft Deutscher Chemiker (German Chemical Society, GDCh) and published by Wiley-VCH.

We are looking forward to your feedback.

CURRENT SUBSCRIBERS to Angewandte Chemie International Edition can “pair” their device with their personal or institutional subscription to enjoy full access in this iPad edition.

SUBSCRIBE IN THE APP: Annual Subscriptions (52 issues) for the iPad-only edition are available for $599.99 (US) per year. Payment is charged to your iTunes account after confirmation of purchase. Angewandte Chemie International Edition subscriptions automatically renew within 24 hours of the end of your subscription period for $599.99 (US) unless auto-renew is turned off at least 24 hours before the end of the subscription period. To turn off auto-renew, go to your iTunes account settings after purchase. Note that subscriptions cannot be cancelled during the term of the subscription, but you can still turn off auto-renew to prevent automatic renewal of your subscription. Note that any unused portion of a free trial period, if offered, will be forfeited when you purchases a subscription.

Angewandte Chemie International Editionを最高評価した人のレビュー

  1. AquoBlu 「オンラインジャーナルを"個人購読する"時代の到来に期待を込めて」

    初めてレビューを書きます。まず、本ジャーナルは化学の領域では頂点に君臨する雑誌であり、その質の高さは他の雑誌の追随を許さず常に最先端を走っています。初めて大学の図書館で雑誌を手に取ってから10年以上経過しておりますが、その間に雑誌の形態が冊子体からオンラインジャーナルへと移行し、そのアクセシビリティーは飛躍的に向上しました。 本雑誌を出版しているワイリー社はこうした時代の変化にいち早く対応し、また、ipadという新しいプラットフォームに対してどの化学系ジャーナル(私自身は有機合成化学が専門なのでそれ以外の分野で既にアプリが出ている場合は御容赦下さい)にも先駆けて単独雑誌アプリを出したことはある意味必然的な流れであり、アプリ公開のアナウンスを知ったとき一番乗りはやはりAngewandteだったかと率直に感じました。 ただ、ここ数ヶ月の出版分とEarly Viewを無料で閲覧出来るというのは予想外のことで、これは大変な驚きであり、化学系ジャーナルのトップランナーとしての確固たる自信を垣間見た気がします。学術論文に限らず普通の雑誌であればアプリを出しても最新号だけ、しかも最初の数ページだけを申し訳程度に閲覧出来る程度なのですが、これに対して本雑誌は数ヶ月分のコンテンツの全ページを閲覧可能にし、アプリの内容を十二分に吟味出来るようにしています。当然、これはアプリを普及させるためのプロモーションの一環なのでしょうが、ここまでOpenにすることは相当な勇気がいることではなかったのではないかと感じています。アプリを公開するに当たってこのような英断を行った編集部の方々には只々頭が下がる思いで一杯です。プロモーションの効果は大成功だと思っております。今までレビューを書こうとは思わなかった人間が思わず書いてしまうほどの出来事でしたので。 しかしながら、プロモーションはあくまでプロモーションなので、一定期間を過ぎてアプリがアップデートされたときには現行のオンラインジャーナルの契約者のみが閲覧出来るかたちになるでしょう。オンラインジャーナルは原則企業、或いは大学のような研究機関で無ければ契約が難しい状況にあります。ただ、今回はプロモーションとは言え「個人で」興味のあるコンテンツを自由に閲覧出来るという極めて画期的なことがなされました。オンラインジャーナルは団体で契約するという常識の壁が一瞬取り払われた気がしました。今ipadで最新の総説を眺めながら、ファッション雑誌を買うように個人でも気軽に論文誌を購読出来る時代がくれば良いなと思いつつ筆を置かせて戴きたいと思います。本アプリは素晴らしいアプリです。

Angewandte Chemie International Editionと似たアプリ

Newton International Edition
天文ガイド