「寝る前の30分」が自分を変える!のアイコン 「寝る前の30分」が自分を変える!

「寝る前の30分」が自分を変える!のスクリーンショット

「寝る前の30分」が自分を変える!の評価数の推移

「寝る前の30分」が自分を変える!のアプリ概要

  • 夜更かしより、朝早く起きることの方ががとても魅力的に感じられるようになった。今までどれだけ時間を無駄にしていたか、気付くことができた。

  • 冗漫に書かれた拝金本。 読む時間がもったいない。得るものなし。こういう本書く人は信用できないね。

  • 内容は悪くないと思うが、同じ事が繰り返し書いてありボリューム的にはさほどないように感じた。 コンパクトにまとめれば数ページで収まるような気がする。

  • 横になってテレビ見たりスマホいじるのはあまりよろしくないようで。 ただこの本も寝る前に見てます。

  • 入眠儀式がどうして大切かといった内容でした。朝5時半起床なので夜は早くに眠くなります。でも、家族の帰宅時間に左右されるので、相当の努力と理解や協力が無いと寝たい時間に寝られないです。 家に帰ってからの時間がある程度自由な方なら役に立つ内容だと思います(家事って眠くても翌日に回せないものもあるので厳しいなぁと読み進めてました。あとお風呂の順番とか)。 寝つきが悪く、今まで改善策を探してきたので知ってる内容ばかりでしたが、こういう本が初めての方なら読みやすいと思います。 入眠儀式は前からできてますが、もうちょっと早く寝られるよう、工夫できないか考えてみます。

総合評価 4

*iPad総合1位獲得!*
*iPhone、iPadカテゴリ1位獲得*
通常800円 ⇒ 期間限定値下げ中!!


夜をだらだらと過ごし、翌日もまた張りのない一日…
そういう習慣がついてしまっていませんか?

精神科医、評論家、受験アドバイザーなど多くの肩書きを持ち「受験の神様」と称される著者が実践している、あなたの人生を劇的に変える自己管理術!

==================================
「寝る前の30分」は、人生の計画を現実化するための時間。
この30分をどう使うかであなたの人生は大きく変わる!
==================================

■こんな人におすすめ
・遅くまでダラダラとパソコンに向かってしまう
・疲れが翌日まで残ってしまう
・明日が不安で眠れない
・気持ちよく朝を迎えたい
・とにかく自分を変えたい!


人生に与えられた時間は皆平等。
「寝る前の30分」で人生の悪循環を断ち切ろう。
…今からでも遅くはありません!


【目次】

●プロローグ
すっきりと、「一日を締めくくる」ために

・「眠くなったら寝る」、これが一日の正しい終わり方
・一日を気持ちよく終わらせる秘訣がある
・夜は一日の最後にプレゼントされた「おまけ」の時間
・自分を変える、かんたんで合理的な方法


●第1章
「寝る前の30分」の失敗、若いころの私の場合

・いちばん勉強時間が長くて、いちばん成績の悪い人
・締切のない時間はだらだらとすぎていく
・どっちつかずの時間はただ無為に流れていく
・夜はもうムダな抵抗はしないこと
・誘惑の多い時間帯に集中力を保つのはむずかしい
・テレビは録画しておくと、結局、観ないですむ
・休日をたっぷりと楽しむ気持ちよさに気づこう
・「寝る前の30分」のすごし方で、一日24時間の輝きが決まる
・「寝る前の30分」をコントロールする人は、一日をコントロールできる


●第2章
「寝る前の30分」の、いい習慣 悪い習慣

・早朝の時間活用は、人間の体内時計から見れば当たり前
・早い時間に眠くなるのは健康な証拠
・夜が「もったいない」のでなく、朝が「もったいない」
・充実した一日の最後には静かな時間が似合う
・ダメな日々には、寝る前の充実感がない
・「きょう一日、やるだけのことはやった」という思いが大切
・家族といっしょにすごす時間は規則正しくなる
・身のまわりを整える人は夜も「しまり」がある
・「寝る前の30分」のメールチェックはしないほうがいい
・夜は感情コントロールのむずかしい時間帯だ
・自己管理能力を問われるのは「寝る前の30分」です


●第3章
「寝る前の30分」のシナリオをつくる

・だれにでも気持ちのいい就寝時間があります
・寝る時間が遅くなると、日中の締切感覚もゆるんでしまう
・一日に区切りをつけ始める時間は「寝る前の30分」がいい
・現代の強敵はテレビよりパソコン。面倒でもシャットダウンしよう
・お酒が好きな人は「寝る前の30分」に飲み終えるべし
・こころのざわめきが鎮まれば一日は終わりに近づく
・翌朝のスタート準備をすませておこう
・翌日の服装は決めておこう
・目覚まし時計の時刻は起床時間ピッタリに合わせよう
・「寝る前の30分」のシナリオさえ守れば新品の朝がくる


●第4章
「満足な一日」が元気な明日をつくる

・ほんの少しの「教養タイム」で夜の時間が締まる
・何かーつでも「学べた」夜は安心する
・短い時間でいいから長続きできるテーマをもとう
・家庭ですごす夜の時間には大切な意味がある
・寝るまでの自由に気づけば、うれしくなってくる
・仕事が終わったら電車に乗ろう、すべてはそこからだ
・仕事が終わったら「存在感のない人間」になろう
・昼の時間は思い通りにならなくても、夜なら可能だ
・自分でルールをつくって夜の時間を変えていこう
・寝る前に「さあ、明日もこの調子だぞ」と思える人は幸せ


●第5章
「寝る前の30分」で気持ちを整える

・その日できなかったことより、できたことを数えよう
・人は毎日、やり残したことがあると感じるもの
・他人のことばや態度が気になるときの心理
・悩むより忘れよう、答えを求めるよりあきらめよう
・自分の行動を反省するなら短く、きっぱりと
・だらだらせずに一日を終える自分をほめよう
・一日はアバウトに閉じても困ることはない
・安上がりにすごせた夜は得した気分になる
・自分が大好きな人との「会話」を楽しむ時間
・「明日はいいことがある」と思う人に「いいこと」が起こる


●第6章
なぜ、「朝のスタートダッシュ」に強くなるのか

・朝、考えることはいつも前向きで積極的になる
・スタートダッシュがいいと気持ちに余裕が生まれてくる
・朝は空気がいい、歩くだけでも健康になる
・出社時間を15分早めただけで午前の仕事がスピードアップ
・自己管理はできるんだという自信がうれしい
・たくさんのムダ遣いで失ったものは大きい
・朝が輝き始めると休日も輝いてくる
・朝が輝くと人生の計画に輝きが生まれる


●エピローグ
「自分の一日」は自分で区切りをつけよう

・「寝る前の30分」で人生の悪循環を断ち切ろう
・明日はせめて、機嫌のいい一日にしよう
・自分の一日ぐらい自分の意志で終えよう


<著者>
和田秀樹(わだひでき)
1960年大阪府生まれ。東京大学医学部卒、東京大学医学部付属病院精神神経科助手、米国カール・メニンガー精神医学学校国際フェローを経て、現在は精神科医。和田秀樹「こころと体のクリニック」院長。国際医療福祉大学教授。ヒデキ・ワダ・インスティテュート代表。一橋大学国際公共政策大学院特任教授。川崎幸病院精神科顧問。
主な著書に、『「動こう!」動けば必ず結果が出る』 『「こころのピンチ」に強い人弱い人』『「感情の整理」が上手い人下手な人』『人間関係は「感情」で動く』『「ストレスの整理」が上手い人下手な人』『結局、「まじめ」な人が一番強い!』『自分をほめると「願い」がかなう心理学』など多数。ホームページ:www.hidekiwada.com

「寝る前の30分」が自分を変える!を最高評価した人のレビュー

  1. ねこた223 「早起きは三文以上の徳」

    夜更かしより、朝早く起きることの方ががとても魅力的に感じられるようになった。今までどれだけ時間を無駄にしていたか、気付くことができた。

  2. コガワ 「寝る前スマホ」

    横になってテレビ見たりスマホいじるのはあまりよろしくないようで。 ただこの本も寝る前に見てます。

  3. hide_ton 「参考にします」

    目次に「これは!」と思うのが幾つもあったので読んでみました。 書き方が丁寧なので、実践的な内容だと思います。 「自分を変える」ところまで習慣化したいと思います。

  4. korshi 「満足」

    シンプルに、いい内容なのでオススメできる本です。早速実践してみます。

  5. たむ2 「嬉しい価格」

    ベストセラーがこの価格は嬉しい。 習慣って大事だと、改めて気付かせてくれる。

「寝る前の30分」が自分を変える!を高評価した人のレビュー

  1. Ghijksgvhk 「誤字が多い」

    内容は良かったですが、誤字が多いです。326ページ「たくさんの」が「たくもんの」になっていたり。見直ししてからリリースする事をオススメします。

  2. がんばるサラリーマン 「朝型になるために」

    夜が大切とはおもってましたが、お医者さんの言葉だと更に説得力ありますね。

  3. FUJII Michiro 「good」

    good

  4. f.matsu 「参考にします」

    いい習慣を身につけたいです

  5. pojipoji777 「よかった!」

    汎用的な考え方だとは思いますが、改めて言われると納得! 気付きの多い本でした。

「寝る前の30分」が自分を変える!をまあまあの評価した人のレビュー

  1. しましましっぽ 「立場によって」

    入眠儀式がどうして大切かといった内容でした。朝5時半起床なので夜は早くに眠くなります。でも、家族の帰宅時間に左右されるので、相当の努力と理解や協力が無いと寝たい時間に寝られないです。 家に帰ってからの時間がある程度自由な方なら役に立つ内容だと思います(家事って眠くても翌日に回せないものもあるので厳しいなぁと読み進めてました。あとお風呂の順番とか)。 寝つきが悪く、今まで改善策を探してきたので知ってる内容ばかりでしたが、こういう本が初めての方なら読みやすいと思います。 入眠儀式は前からできてますが、もうちょっと早く寝られるよう、工夫できないか考えてみます。

  2. アホりんご 「ん?」

    レスポンスが遅い もう少し詳しく操作性について教えて欲しい

  3. ウイナン 「早く寝ることは大切ですね。」

    著者のおっしゃるように帰ってからダラダラ過ごすよりはサッと寝てしまい朝にやることをやるほうが効率が良いのは納得です。しかし、ページをめくっているうちにあれ?さっきも読んだような…という感覚に陥ります。それに著者の主観のような話ばかりで面白いですが、スラスラ読めないです。 早寝早起きが良いというのはわかりましたが、読者を納得させる要素が少ないような気がきます。

「寝る前の30分」が自分を変える!を低評価した人のレビュー

  1. appbook 「悪くはないが・・・」

    内容は悪くないと思うが、同じ事が繰り返し書いてありボリューム的にはさほどないように感じた。 コンパクトにまとめれば数ページで収まるような気がする。

  2. あり⊂((・x・))⊃ 「難しいです。」

    結局なにをすればいいのかが、よく分かりませんでした。

  3. admsky 「まぁまぁ」

    生活改善しようかと考えさせられました ただ始めから最後まで殆ど同じようなことしか書いてないのが残念

  4. メイスケ 「ためになる部分もあるが」

    内容は1/5くらいに集約できそう。 85円で良かったです。

  5. 休み 「浅い」

    タイトルを何度も繰り返しているだけ。ただ、この種の本を読んだことがない人には読みやすいかも…

「寝る前の30分」が自分を変える!を最低評価した人のレビュー

  1. 帳簿 「価値なし」

    冗漫に書かれた拝金本。 読む時間がもったいない。得るものなし。こういう本書く人は信用できないね。

  2. ttaakkuuyyaa 「伝わらない」

    寝る前の30分が大事というのは分かるが、このことを主張したいために繰り返し著者の体験談を言葉尻を変えて、何度も同じ内容の体験談を繰り返し書いてて呆れる。1章から繰り返し炸裂してる。後の章なんて読まない方がい、時間の無駄。伝えたいことを連呼し、思い込ませる。暗示の世界。買う価値なし。

  3. あさなまふ 「くどい、中身が薄い」

    同じような内容の繰り返し。 中身も誰でも書けそうな内容で、精神科医らしい専門性を感じなかった。 殆ど経験に基づく主張で根拠も乏しい。

  4. デジっ子 「わかりやすいけど…」

    最初のうちは、なるほど‼そうなんだよなぁ~!なんて思いながら読んでましたが… なんだか同じ事が繰り返し、延々と書いてあり、200ページぐらいで読むのを止めました。 最後まで読んでないので、正しくレート出来ませんが、100ページぐらいでまとめれそうな内容に感じたので星一つで。

  5. やまるんるん 「で⁉」

    寝る前の30分は結局どうすればいいの?

「寝る前の30分」が自分を変える!と似たアプリ

「睡眠」の真実
【無料】佐藤玲奈 嫉妬しなくなったウサギのぺトラ
本当に痩せたダイエット法!モテ子BEAUTY
言葉のちから
30キロ減 ぼくの糖質制限ダイエット